WORKS

南城市の木造新築

2020年2月5日

こんにちは。

節分 立春と 暦上では春ですね。

今日は久しぶりのくもり空ですが それもまた。

ミモザのお陰で部屋の中は明るいです

 

 

さて 昨年末に上棟式を迎えた南城市の現場は

窓サッシが入りました。

 

 

こちらはリビングになる場所です。

 

 

上部は吹き抜けになっていて 窓から柔らかい光が。

高い位置に窓を付けることで、風の通りも良くなります。

温かい空気は上へ、冷たい空気は下に動くという性質があるので

上の窓を開けていると家の中の空気が動いて涼しく感じます。

 

 

養生されているのは無垢材の見せ梁。

壁はほぼ漆喰で、2階は一部漆喰の塗料をお施主様自らが塗装される予定です。

真っ白い壁に見せ梁の木の風合いが今から楽しみでなりません♩

 

 

こちらは2階 三姉妹の子ども部屋になる場所です。

大工さんが立っているのは2階の床ではなく、床から2m辺り、、

 

ここの天井は切妻屋根(三角の屋根)を活かして勾配天井にしますので

高所の作業が多くなり、こうして足場の上に脚立を置いて施工をしてくれています。

ありがたや~(T_T)

 

間仕切りを付けずに、ずどーんとロフトを作り そこが三姉妹のベッドに。

ロフトの下には机を置き それぞれの空間へと三分割します。

姉妹のためにかわいい空間に仕上げていきたいと思います♩

 

それでは今日はこの辺で。

いつもお読みいただきありがとうございます*

 

 

2020.2.5 sato

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事はこちらからチェック