WORKS

戸建リノベーションDIY

2021年5月5日

すっかりご無沙汰となってしまいました。

佐藤です。

 

那覇市の戸建リノベーションは3月に無事にお引渡しを迎えました。

こちらの現場はDIYが満載で

WICと子ども部屋の壁の仕上げはご家族全員で塗装して、

造作の洗面台のタイルも子どもたちが貼ってくれました。

 

私たちも一緒にさせてもらって塗ったり貼ったり*

 

初めはこのような状態。

 

 

これから塗装をするので、マスキングテープでサッシや巾木を養生しているところです。

この養生がとっても重要で、

丁寧に細かくしているとキレイに仕上がることはもちろん、

すごく塗りやすいのです。

 

 

石膏ボードのパテ処理からスタート!

ビス穴やボード間のすき間を埋めていきます。

パテ処理は大人4人で黙々と作業したため、

写真がありません(笑)

 

 

 

塗装からはお子さまたちも参加してくれました♪

このお部屋は長男くんのお部屋で、自分で塗料の色を選んで塗ってくれました。

くすんだグレー、素敵な色です。

 

 

仕上げはお父さん♪

 

塗料は東京卵日和さんのエッグペイントを使用しました。

 

 

廃棄される卵の殻が原料になっていて、湿気を吸って吐いてくれる調湿作用と消臭効果がある塗料です。

卵の殻って多孔質なんですね。

揮発性有機化合物(VOC)も吸着して分解する働きもあって、これは漆喰にもある働きなのですが、

家具に含まれるボンド等から出るVOCは過敏症になると体に不調が出てくることがあります。

 

それを吸着して光触媒が分解する、

こんなに多機能な塗料はめずらしいです。

一般的によく使用される水性塗料と比べると価格は高いですが、

要所要所で使い分けたり、今回はDIYで塗装することでコストのバランスを取りました。

 

 

お子さまたちの集中力はすごくて

本当に一生懸命塗ってくれました*

 

 

こちらはWICの壁、一面真っ白になった壁を見て、

子どもたちはひらめきます。

 

 

絵を描いちゃおうと(笑)

 

 

 

「服が掛かる場所だから、いっか♪」とご両親からご提案をいただき、

ぜひぜひ!と壁をキャンバスに思いきり描いてくれました。

 

今しか描けない絵、子どもたちが年ごろになったときにも

この絵を見るたびにこの日のことが思い出されるのだと思うと、なんだか泣けてきました。

無邪気な楽しそうな子どもの姿って最高ですね。

 

家を一緒につくるという貴重な体験と、この時間を共有できたこと、

私たちにとって宝物になりました。

 

それでは、今日はこの辺で。

いつもお読みくださりありがとうございます。

 

2021.05.05 sato

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事はこちらからチェック